ご予約 TEL:03-6262-1351 (ペインクリニックのみ)

※ご予約随時承っております。

痛みを斬る

《発痛物質》が痛みの犯人

ハチに刺されると痛むのは、痛みを起こす物質を皮膚の中に残すからです。包丁で指を切ったときや、海水浴で陽に焼けたあとがヒリヒリするのは、体の中にある発痛物質のせいなのです。
発痛物質は、いつも体内に少量ずつ存在し、*神経伝達物質として、神経から神経への情報を伝える重要な役割を担っています。
ところが炎症が起きたり、体の組織が破壊されたりすると、発痛物質が細胞から大量に産出されて、痛みの”犯人”となるわけです。

発痛物質を挙げると、アセチルコリン、ヒスタミン、セロトニン、ブラジキニン、カリウムなどがあります。アセチルコリンは、収縮する刺激を筋肉に伝える作用があります。ヒスタミンは皮膚の発痛物質の代表で、ジンマシンのかゆみの原因としても知られています。少量ならかゆみ、大量ならば痛みを発生させます。
またセロトニンは血液中にある血小板からできていて、血液が固まるときに放出されて、損傷組織に接触すると痛みを発生させます。血栓症、心筋梗塞、くも膜下出血などの激しい痛みに関係する発痛物質です。

ブラジキニンは、初物質として最初に指定された物質で、炎症の痛みの主役であり、血液中の※血漿からできています。
このほか、カリウムは細胞内にある重要な物質ですが、細胞外へ大量に流出するとたちまち痛みを引き起こします。例えば指を切ったとき、神経が切れた痛みに加えて、壊れた細胞からカリウムが放出されて、痛みを倍増させます。

さらに出血するとブラジキニンやセロトニンが遊離して、これらが一緒になって強い痛みを起こします。これがひどいと炎症になり、さらに悪循環になって発痛物質を増量させるため、痛みが長く続くわけです。

小林ペインクリニックTOPへ戻る

Copyright © Kobayashi Pain Clinic Tokyo All Rights Reserved.

tel

MENU