ご予約 TEL:03-6262-1351 (ペインクリニックのみ)

※ご予約随時承っております。

痛みを斬る

がん性疼痛

ホスピスで安らかな余命

がんにかかった患者さが最も苦しむのは痛みです。がん末期を迎えた患者さんは激痛のために、涙を流して苦しむ姿を何度も見ています。がんの回復の見込みのない患者さんはホスピスで、安らかな死を迎えるために、がんによる痛みをとることが最大のテーマになります。このがん性疼痛を取るのもペインクリニックの大きなテーマのひとつです。命の終焉を安らかに迎えたいというのは、誰しもの願いです。

しかし治療不可能ながんに対して、その痛みの問題にはほとんど関心がなかったようです。癌治療は早期発見、早期治療が重要ですが、痛みへの対応も重要な”治療”のひとつです。たとえがんそのものは治らなくても、痛みだけは取り除くことができるのです。ホスピスでは延命のための治療より、余命の安らかな時間に主眼をおき、痛みがあれば取り除くことを目的にしています。がん患者は苦痛から解放されて、日常の平穏な生活を取り戻し、人間としての尊厳を維持することが可能になるのです。

しかし大半の病院では、死にゆくがん患者は疎遠にされ、十分にケアが行われずに、痛みに苦しみながら亡くなっていくのが実情のようです。

小林ペインクリニックTOPへ戻る

Copyright © Kobayashi Pain Clinic Tokyo All Rights Reserved.

tel

MENU