ご予約 TEL:03-6262-1351 (ペインクリニックのみ)

※ご予約随時承っております。

痛みを斬る

手術も極楽の時代

今、医学会では、患者さんの手術後の痛みをいかに取るかが大きなテーマになっています。注目されているのは鍼麻酔です。鍼麻酔を取り入れれば、さらに全身麻酔の薬を薄くすることができます。鍼を打つとエンドルフィンという痛みを取る物質が脳から出ますので、自分自身で痛みを和らげることができます。ただしこのやり方は手間がかかり、どこの病院でも行われているとは限りません。

手術は痛くない、という時代をすでに迎えています。手術後、年月が経過してから手術跡が季節によっては痛むという患者さんを見かけます。この症状は瘢痕性疼痛症候群といいますが、神経ブロックを併用した手術をおこなった患者さんは、傷口の痛みが再発することがありません。この神経ブロックの応用により、手術後の痛みの後遺症は残らないのです。

最近では手術中にエッチな夢をみる麻酔薬を使うこともあり、ニコニコしながら目覚めるようなことも可能です。患者さんはいい夢を見た上に、痛みも感じないのですから、手術も極楽の時代に入りました。

私は研修医になったときから、手術への神経ブロックの応用と鍼麻酔を併用しています。最近こそ麻酔科は注目されはじめて、手術にとって重要なセクションであるという認識が浸透されてきました。

私のクリニックには、手術後の疼痛に苦しむ患者さんがたくさん来院します。しかし、何回かの神経ブロックによって、その痛みを取り去ることができます。

今、外科医にとって麻酔の良し悪しが不可欠なものになってきています。患者に痛みを感じさせないのが、大きなテーマになっています。

たとえば骨折した患者さんがいますと、整形外科では痛みを少し我慢してもらい、レントゲンを見ながら骨を元に戻して固定します。また接骨では勘で骨を戻すこともありますので、患者さんは悲鳴をあげることもあります。しかし私は麻酔や神経ブロックをしてから骨を整復しますので、ほとんどの痛みを消すことが可能です。骨を入れるとき患者さんは「ちょっと痛いかな」と感じる程度です。

小林ペインクリニックTOPへ戻る

Copyright © Kobayashi Pain Clinic Tokyo All Rights Reserved.

tel

MENU