ご予約 TEL:03-6262-1351 (ペインクリニックのみ)

※ご予約随時承っております。

痛みを斬る

手術後は痛くない

硬膜外に入れたチューブに薬を注入して、神経ブロックをしてから、あらかじめ痛みを取っておくことで、手術の際の薬の濃度を薄くして、浅い麻酔にして内臓(肝臓や腎臓)への負担を軽減することができます。濃度の濃い薬を使用する深い麻酔は、体への負担が大きいです。

神経ブロックを併用することで、浅い麻酔で手術を行うことができます。その場合は手術直前に神経ブロックを行い、手術中に薬の量を調整しながら行います。

深い麻酔をかけると血圧が一気に低下しますが、神経ブロックを施して浅い全身麻酔をかける方法は、血圧も下がらず覚醒も早く、安全に手術ができるので理想的です。このように手術中の痛みを取る作業をしながら、術前に病室でミダゾラムという記憶をなくす薬の注射を打つことで、患者さんの記憶を完全になくしてしまいます。病室に戻って、麻酔が覚めて、ボーッとしながらではありますがさわやかに目を覚ますことができます。その際には血圧は正常に戻っています。このとき患者さんは、
「あれ?手術はもう終わったの?」
というほど、まったく記憶がない状態です。

小林ペインクリニックTOPへ戻る

Copyright © Kobayashi Pain Clinic Tokyo All Rights Reserved.

tel

MENU