ご予約 TEL:03-6262-1351 (ペインクリニック・美容皮膚科)

※ご予約随時承っております。

痛みを斬る

東洋医学と神経ブロックの併用

『神経ブロック療法』は、全国の各大学病院、公立病院等でも行われています。しかし、私のやり方との決定的な違いがあります。それは東洋医学との併用です。私は、この『神経ブロック療法』という西洋医学に加えて、東洋医学を採用しています。すなわち鍼や漢方薬などを治療に用いるわけです。

鍼灸の鍼と神経ブロックを併用すると、患部への効きは相乗効果で、一層よくなります。鍼は痛いところに刺したとしても、痛くありません。逆に神経ブロックは、痛い患部に打てばしみるような痛みを伴います。

中国では漢方診断をした上で患者の状況をよく把握して、漢方薬を患者に適用します。鍼も同じです。鍼の効果は広い範囲に適用できます。ただ鍼を打っても一時的にしか効きません。

この鍼に加えて西洋医学の良い部分をプラスすれば、鍼の効果は相乗効果により、一層高められます。西洋医学の神経ブロック療法と東洋医学の長所を生かした治療が、近年ベストな痛みの治療になってきています。

小林ペインクリニックTOPへ戻る

Copyright © Kobayashi Pain Clinic Tokyo All Rights Reserved.

tel

MENU