ご予約 TEL:03-6262-1351 (ペインクリニック・美容皮膚科)

※ご予約随時承っております。

痛みを斬る

欧米やヨーロッパが注目する東洋医学との合体

今、諸外国の医学界が一番興味を持っているのは、西洋医学と東洋医学を合体した治療方法です。その西洋医学と東洋医学の合体を早い時期から取り入れて研究をしていたのが、私が指導していただいた大阪医科大学の兵頭正義教授でした。

1970年代以前は、欧米の医者達は東洋医学を無視する姿勢が強かったようです。しかし、今から30年前の70年代ころから東洋医学を認知するようになり、現在の欧米の医学界では、東洋医学を取り入れていない大学が珍しくなったほどです。

確かに1980年代から東洋医学を学ぶ欧米人の医者が飛躍的に増加してきました。それでも西洋医学と東洋医学を合体できる学者は、なかなかいませんでした。当時の日本の大学でも、西洋医学と東洋医学を合体した治療している医者は数えるほどでしかいませんでした。その数少ない医者の中で、私を指導した兵頭教授は東洋医学と西洋医学を見事に合体して治療に当たっていました。

教授は西洋医学を実践するかたわら、漢方もやれば鍼や灸も取り入れました。『神経ブロック療法』では、両方をうまく合体させて治療していました。現在、西洋医学と東洋医学の合体は、日本が最も発達していると思います。

小林ペインクリニックTOPへ戻る

Copyright © Kobayashi Pain Clinic Tokyo All Rights Reserved.

tel

MENU