ご予約 TEL:03-6262-1351 (ペインクリニック・美容皮膚科)

※ご予約随時承っております。

痛みを斬る

神経回路ブロック(遮断)

まず1つの例を紹介することでペインクリニックの概要を理解していただきたいと思います。神経痛とは、ちょうど顔面に相当するところにある*三叉神経が、何らかの原因で血管に圧迫されて、その刺激で激痛などに襲われる病気です。

その原因は、血管による*三叉神経の圧迫です。手術してその圧迫を取り除けば、神経痛は治りますが、その手術がとても難しく後遺症がでる可能性があります。そこでペインクリニックの登場です。
ペインクリニックの場合は治療の発想が違います。痛みの原因そのものが除去できないなら、その痛みが脳に伝わらないようにすればいいのです。血管が三叉神経を圧迫しているために、神経を刺激して、その刺激が知覚神経によって脳に伝えられて痛みを感じます。そこで神経ブロックにより知覚神経を遮断して刺激を脳に伝えないようにすれば、人間は痛みを感じません。こうして三叉神経痛は治ります。

ペインクリニックの治療手段は4つの方法から成り立っています。
1、痛みの原因を除去するのではなく、痛みを伝える神経回路ブロック(遮断)することで、痛みを取り除く。
2、痛みを伝える神経回路ブロックすることで、痛みの悪循環を断ち切る
3、痛みの原因となる炎症を、薬物投与など手段を用いて除去する
4、精神的な治療を行う

以上の4つの治療法のどれかを選び、いくつかを組み合わせて、痛みを取り除くのがペインクリニックです。ただし、ペインクリニックの中心は1と2で、神経ブロック(神経遮断)という治療法を施術しています。

小林ペインクリニックTOPへ戻る

Copyright © Kobayashi Pain Clinic Tokyo All Rights Reserved.

tel

MENU