ご予約 TEL:03-6262-1351 (ペインクリニックのみ)

※ご予約随時承っております。

よくある質問

ペインクリニックとは何ですか?

英語でPainとは、痛みの事です。つまり、痛みや痺れを専門的に熟知した医師が治療するクリニックです。

ペインクリニックでは、どういう治療を行うのですか?

整形外科の外来治療は、主に投薬と湿布そしてリハビリでの電気治療や牽引及びマッサージなどです。
しかし、ペインクリニックでの治療は、主に神経ブロック療法や痛みや痺れに最も合った身体に優しい薬などを選択し治療を行っています。
神経ブロック療法においては、当院では年間20000例以上の実績を持つプロの医師たちがおこなっています。

ペインクリニックでは、どんな症状(疾患)の治療が可能ですか ?

1. 症状からみると:
頭痛、肩凝り、偏頭痛、頸の痛み、四十肩・五十肩、背中の痛み、肘の痛み、手首の痛み、手指の痛みや痺れ、顔面の痛み、胸の痛み、肋骨(側胸部)の痛み、腰痛、臀部の痛み、大腿部・下腿部の痛みや痺れ、足の痛みや痺れ、膝の痛み、突き指や足の捻挫による痛み、ヘルペス(帯状疱疹) 後の痛み、交通事故による、鞭打ちの頸肩の痛み、腰の痛み、などあらゆる面での痛みに対応します。

2.疾患では:
・頭痛;群発性頭痛、筋緊張性頭痛、偏頭痛、
・顔面神経痛、三叉神経痛、顎関節痛、
・不定主訴の痛み、
・頸椎捻挫(鞭打ち症)、頚肩腕症候群
  頚椎脊柱管狭窄症、頚椎椎間板ヘルニア、
  頚椎症性神経根症、後縦靭帯骨化症、
・肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、
・背部痛:胸椎椎間板ヘルニア、胸椎脊柱管狭窄症、胸椎圧迫骨折、
・腰痛・臀部痛・下肢痛:腰椎椎間板ヘルニア、腰椎脊柱管狭窄症、
  下肢静脈瘤
・変形性膝関節症、膝関節炎、
・足関節捻挫、手指・手首の捻挫、
・会陰部痛、
・瘢痕性疼痛症候群、反射性交感神経性萎縮症、カウザルギー
・ヘルペス(帯状疱疹)後神経痛、
・その他のあらゆる痛みや痺れに対応します。

神経ブロック(療法)とは、何ですか?

注射です!!! 歯医者さんで使用しているような局所麻酔薬を、主に使 用します。しかし、神経ブロックは麻酔ではありません!!  神経ブロック注射をすることにより、身体に対して悪い 作用をする交感神経をブロックすることにより、良い 作用をする副交感神経を活発化させる事により、 原因となる痛みの部位の炎症を取り除き、発痛物質を 洗い流し、血液の流れを良くして、痛みを治癒に導き また今後の予防にもつなげます。

神経ブロック注射は、痛くないですか?

皆さんは、注射は痛いものと思っていませんか?
確かに打ち方によっては痛いものです。しかし、打ち方の上手な医師が打てば殆ど針の入る痛みは感じません!
また、当院では専用の針を使用し患者様の痛みの苦痛を和らげています。
但し、痛みが強く炎症の強い患者様では、薬液を注入する時に患部の痛みはあります。
しかし、痛みが軽快して来ると注入時の痛みも軽快してきます。
AA ; 注射は、痛くない!!!注射を打つ人の腕に、かかっています!!!(但し技術は、ピン・キリです!!) 

身体への影響(副作用)はありますか?

神経ブロックでは、殆どありません。
但し、局所麻酔薬のアレルギーをお持ちの患者様は適しません。
また、神経ブロック療法を受けられた患者様に対しては、当院では、医師と看護師でブロック後のフオローは万全にしておりますのでご安心頂けます。
(たまに聞く事ですが、ブロック注射後におかしくなった、足が暫くの間、動かなくなった等あります。これは、医師側の力量によるものと考えられます。)

神経ブロック注射をしたら、逆に痛くなった!?

これは、痛みの強い患者様にたまに起こります。患部の痛みが強い程、薬液注入時の刺激で起こる事はありますが、心配はありません。痛みが翌日まである時は、必ず直ぐに来院してください!!

治療後は、直ぐに帰る事ができますか?

心配ありません。ブロック注射には、施行した後すぐに帰れるものと、15~20分、30分、60分と安静を保つものがあります。
当院では、患者様の施術後の安全を必ずスタッフが確認してからお帰り頂きます。
もちろん、重症でない方はお車の運転も可能です。

一度の治療で、痛みは取れますか?

一回の神経ブロック注射で治癒する痛みもあります。
しかし、発病してから時間のたっているような慢性疼痛の患者様にかぎっては、痛みの程度や場所により回数は多くなります。
たとえば、急性期のぎっくり腰の場合なら、治療は3~4回で治癒させる事ができます。

痛い時は、冷やすのが良いですか、温めるのが良いのでしょうか?

痛みがある時は、まず冷やすことです!!
温める事により、患部の炎症を悪化させる事が多々あります。
痛みが無くなったら、温める事により組織や患部の修復が早くなります。
(冷湿布や強い痛みにはアイシングも良いです。が冷し過ぎると逆に痛くなることもあります。)

受診の際には、予約は必要でしょうか?

当クリニックでは、痛みの専門外来は完全予約制となっております。
診察のご予約は、診療時間内にお電話にてお願いいたします。
患者様の待ち時間を少しでも解消するために「完全予約制」を実施しております。
しかし、予約時間通りに必ず治療を開始できるという予約ではございませんので、予めご承諾下さい。
また、診察状況や、予約の混み具合、急患対応などにより、多少お待たせすることも御座います。

治療費は、いくらくらいでしょうか?

痛みの専門外来は、保険外診療になっております。
当院の神経ブッロク療法は、医師の技術を売っております。技術の高いものほど金額も上がります。
また、痛みの部位や程度によっても金額は異なります。
[ 目安の金額 ]

・頸肩、胸部、上肢;12000~55000円。
・腰部、下肢;12000~35000円。
・その他部位;6000円~。
・その他の注射;
   ニンニク注射;静注:2000~SP;3000円。
          点滴;4000~SP;5000円。
感冒(風邪) ; 点滴のみ:4000~4500円。

小林ペインクリニック東京の特色は、何ですか?

 日本の表玄関である東京駅八重洲口から、徒歩三分の桜通りにあります。日本橋からも直ぐの所です。
クリニックの中は、一流ホテルを思わせるようなコンセプトでできており、病院のイメージはありません。
入り口を入るとコンシェルジュの受付があり、外国語も会話できるコンシェルジュが患者様を、優しく笑顔でお迎え致します。
女性に好まれるように、有名な華道家の大きな生け花が気持ちを癒してくれます。各部屋は完全な個室になっており、お部屋の名前は全てお花の名前がついています。
部屋の中は、各部屋とも個々に空調システムが完備し、ライティングも各部屋ごとにできるようになっており、患者様がリラックスして診察・治療を受けられるように配慮されています。
また、保険診療に関しては、入り口と診察室は別になっており保険外診療の患者様とは、合わないように工夫されています。
ベテランのプロの医師とスタッフが、辛いお気持ちで来られる患者様を親切・優しさ・気配りを常に持ってお待ちしております。

肩凝りや頭痛で毎日辛いです。どういった治療を受けることができますか?

 薬を飲んでも、根本治療にはなっていません。
リハビリで治る痛みは限られています。神経ブロッ ク療法によって、爽快な気持ちになれる事でしょう。 原因は、頚椎にあることが多々あります。

腰痛や下肢の痛みや痺れで手術を整形外科で進められています。手術をせずに治療は可能ですか?

 この腰痛が、腰椎脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアによるものでしたら、程度にもよりますが治癒にもって行くことはできます。
但し、発症から時間が経った慢性疼痛の症例に対してはそれなりの治療回数はかかります。また、約70~80%の痛みは改善できます。
しかし、下肢や足の痺れを強く伴うと更に治療時間もかかります。ご相談ください。

ぎっくり腰になりました。治療方法はありますか?また、どれくらいの期間で痛みは取れますか?

 ぎっくり腰は、元々腰椎の5番と仙骨の間が狭くなっている人に、多々起こりやすい疾患です。当院では、神経ブロック療法により3日間から7日間くらいで治癒させています。

ヘルペス(帯状疱疹)になり、その後いつまでも痛みが取れません。治療法はありますか?

 帯状疱疹後に出てくる痛みを、帯状疱疹後神経痛と呼んでいます。
治療はあります。神経ブロック療法と投薬にて発症後2~3週間位の急性期でしたら、1~2週間位で痛みはなくなります。
しかし、時間の経った慢性期に入った痛みは完治ではなく、約90~95%位の痛みは治ります。
しかし、治療の回数はかかります辛い痛みでお困りの方は、ご相談下さい!!
貴方は、痛みから解放されるのです。

膝の痛みが以前から続いています。歩行や立ち上がる時に痛みが増強します。何か良い治療はありますか?

 膝の痛みには色々な病気があります。変形性膝関節症なら痛みを軽快する事は、ほぼできます。しかし、注射で治らない痛みに関しては、手術も必要になって来ます。
当院に、ご相談下さい。

交通事故でムチ打ち症になりました。2~3か月リハビリをしましたが、痛みや凝りが残っています。後遺症が心配です。何か治療はありますか?

 交通事故のムチ打ち症の治療はあります。当院の治療では、後遺症も出ないようになります。急性期の状態なら、後遺症も出ないように治療があります。但し、時間が経過した痛みに関しては、痛みゼロにはなりにくいですが現在の痛みの状態よりも痛みは少なくなります。後遺症が出ても、軽くて済むようにはなります。
事故後、早めの治療をお勧めします。
当院にご相談下さい。

花粉症・アトピー性皮膚炎で悩んでいます。薬は毎年飲んでいます。何か良い治療はありますか?

 毎年、時期になると憂鬱で辛い花粉症!! 当院では、身体に優しい治療で、辛い花粉症から一生涯「さよなら」できます。ステロイド剤は使用しません!! 今まで行われていたようなステロイド剤の注射ではなく、同じ注射でもステロイドは全く使用しません。ヒスタグロビンという薬を注射します。直ぐには効果はでませんが、1クール6回・週一回の注射を何クールかする事により、辛い花粉症も治癒します。
効果は、約80%以上です。5才以上から大人まで、治療できます。
  アトピー性皮膚炎も、痒みのないツルツル・すべすべしたお肌になること、うけあいなし!!
身体に残らない量のステロイド剤とミックスしたクリームと抗アレルギー剤や漢方薬にて治療をして行きます。程度によっては注射も、必要になります。
また、当院で処方するローションもお肌をスベスベ・ツルツルな状態にします。
アトピー性皮膚炎は、程度にもよりますが、100%治癒することは可能です!!
貴方も、治療をして美しいお肌になることに挑戦してみませんか!!
もう、悩まないで下さい!!
花粉症・アトピー性皮膚炎は、保険診療になります。
専門外来は、毎週火曜日の一日と・木曜日の午後のになります。

花粉症治療ページはこちら

小林ペインクリニックTOPへ戻る

Copyright © Kobayashi Pain Clinic Tokyo All Rights Reserved.

tel

MENU